お品ガッキー

先日健康診断で人生始めての胃部レントゲンを撮りました。イブレントゲン。レントゲンが産まれた前夜ですね。

必然的にバリウムを飲むのですが、よく言われる、ゲップ的なやつはバリウムによって引き起こされるのではなくその前に飲む発泡剤の仕業なんですね。発泡剤を飲めばガッキーみたいな可憐な女性も大きなゲップをするのかなあと思いを馳せていたら魔法陣かってくらいにグルグル回されて気持ち悪くなった。


能年ちゃんはradiohead好きだそうです。creepサビ前の「ガガガッ」っていうギターの音は「じぇじぇじぇ!」だったのだ。(あまちゃんは見てません)

the interviews

ネットで日記を書き始めたきっかけを教えて下さい

2000年の頃からテキストサイトってものがすごい勢いで流行りまして、侍魂ろじっくぱらだいすをはじめとした超有名サイトが沢山あって、そういう人気サイトってのは飽きさせない為に毎日更新が基本ですからもう本当に楽しみに毎日読んでました。
当初は自分で書くつもりは全く無かったのですが、読んでいる内に、おれならココをこうするな。とか、もっとここを強調したら面白いんじゃないか。って自分なりに考えるようになってきたのです。それと同時に、そんなにアクセス数は多くないけど面白いテキストサイトを発掘するという事が楽しくて、当時Read ME!というテキストサイトのアクセス数を集計しているサイトの200アクセス以下/日のサイトを片っ端からチェックしてたのです。その中でNOISY!っていうサイトがとても面白くて、そこの掲示板にもよく書き込んでて、管理人さんとも仲良くさせて頂いてたのですね。
当時のテキストサイトには「代打日記」というものがありまして、管理人が更新出来ない日に代わりの人が文章を書いてアップするというもので、今考えれば何の意味があるのか良くわかりませんが、色々なサイトでそういう事をやっていたのです。で、たまたまNOISY!さんでも代打日記を募集しててなんとなくそこに応募したんですね。そしたら管理人さんにお前の文章は面白いからテキストサイトをやるべきだって言われたんですね。面白いと思って日記を読んでた人に自分の文章が面白いと言われ、まあ半分はリップサービスだったかもしれませんが、おれは調子に乗ってその人のアドバイスのもと、初めてのテキストサイト「焦燥都市24時」を始めました。それが2003年のことです。